40代からの不妊治療

妊娠率の推移をみると、40代の1年は30代前半の数年くらいに相当するそうです。

年齢による卵子の老化が原因の40代女性で、不妊治療で妊娠を目指す場合、まずは、大前提として、妊娠できるかどうかを左右する最大の要因は、「質のよい卵子」が排卵されることです。しかし、コントロールできませんので、常に、タイミングを意識して性交することがとても大切です。

治療については、一般的には、飲み薬の排卵誘発剤、クロミフェンを服用し、タイミング指導や人工授精を受けることが多いと思われます。年齢の影響で、妊娠を支える環境が悪化してきていますので、まずは「妊娠力」をしっかり上げからでも決して遅くはないと思います。

まずは、土台を!そうすることで頸管粘液の出が悪くなったり、かつ、子宮内膜が薄くなるという薬の副作用も抑えることが可能だと考えられます。漢方薬の良いところは、出産するまでの間じゅう、そして、その後もしっかりとフォローができるという利点にあります。すばらしい漢方薬の力を信頼してください。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

下記の地域から来院いただいています
鳥栖市、久留米市、筑紫野市、小郡市、太宰府市、三養基郡、筑後市ほか

連絡先 お問合せフォーム