卵子と精子の老化は

卵子も精子も老化するのであれば、ミトコンドリアも同様に、老化するのでは?
卵子、精子の若返りは、ミトコンドリアの質の改善だけで不妊は解決できるのか?

今後、不妊治療成功率のカギは、卵子&精子の「老化」対策です。

確かに、抗老化医療は進化を続けています。老化を還元する研究もなされ高齢出産は時間とともにその出産確率を減らして進化し続けています。しかし、現況では根本的な改善・解決には、至っていません。まだ先のようです。

子どもが欲しいと思いつつ、なかなか妊娠しないカップルは、10組に1組とも5組に1組とも言われています。妊娠しやすい年齢は20代前半なのですが、厚生労働省の2012年の統計によると、女性が第一子を産む年齢は、30.3歳と高齢化しています。このことは、深刻的な問題である「晩婚化」 「晩卵化」が現存します。現実、出産が高齢化し、不妊に悩まれる方も多くなっています。35歳を超える不妊症の原因の80%が男女ともに「原因不明」です。そのうち90%以上卵子や精子の質の悪さ、つまり「 老化 」にあると言われています。

卵子と精子の老化は
35歳を過ぎた男女の原因不明の不妊症は卵子の老化、精子の老化が9割

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

下記の地域から来院いただいています
鳥栖市、久留米市、筑紫野市、小郡市、太宰府市、三養基郡、筑後市ほか

連絡先 お問合せフォーム