「実」年齢より 「腎」年齢

「実」年齢より、カラダの「腎」年齢「35歳を過ぎると妊娠しにくくなる」と、どうして実年齢でモノを言うのでしょう?「暦・実」 年齢は変えられなくても、カラダの「腎」年齢(体の年齢)は10歳くらいなら、十分に若返らせることができます。「実」年齢・「暦」年齢ではなく「腎」年齢(体の年齢)を変えて行きましょう。

高齢者でも二人目不妊でも自然妊娠はできます二人目不妊「35歳を過ぎると卵子の質が低下して妊娠しにくくなる」という情報が流れています。本当に、そうなんでしょうか?巷の話に惑わされて、「タイムリミットが迫っている。早いうちに不妊治療を始めなきゃ」と考え、高度医療である不妊治療のレールに乗ってしまう人の、なんと多いことか。

「35歳を過ぎると卵子の質が低下して妊娠しにくくなる」というまるで、妊娠に「年齢制限」があるかのようです。皆さんは、焦っています。疲れています。"妊娠できなくなるタイムリミット"は、「閉経」です。その前でしたら、年齢が幾つだろうと妊娠できる!と思ってください。あなたは、閉経にならない限り、今の年齢が、いくつだろうと自然妊娠できる体質なのです。だから、年齢が35歳以上であろうと、焦る必要は決してありません。あなたを焦らせているその情報は、焦らせる必要のある「何かの目的を持った人」によってあやつられているのです。

二人目不妊にしても同じです。一人目が、自然妊娠できたのだから、妊娠できる体に間違いありません。二人目だって自然妊娠できます。できないのは、お二人の両方あるいは、一方に変化が起きたからです。だから、心と体の健康さえ整えば大丈夫ですよ。「一人目を産んだときより年齢がいっているのが、二人目不妊の原因」といった情報も流れています。一人目を自然妊娠で産んだなら、ちっとも不妊なんかではないのに・・・。

いろんな情報をストップしましょう。心をリセットし、冷静になって下さい。それが、「赤ちゃんを授かる心身の健康づくり」の第一歩です。「健康な身体に、健康な子が宿る」のです。

「実」年齢より、カラダの「腎」年齢、体の年齢 です!

焦らず、いろんな情報にも惑わされず、もう一度、心をリセットして下さい。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

下記の地域から来院いただいています
鳥栖市、久留米市、筑紫野市、小郡市、太宰府市、三養基郡、筑後市ほか

連絡先 お問合せフォーム