ためしてガッテンの要約

要約女性を悩ます月一度のつら~い痛み、あなたにもありますか?この陰には、推定患者数260万人という病気に悩む人たちが隠れています。その病気とは、「子宮内膜症」です。

月経のある女性の10%がなる病気だそうで、いま、この「子宮内膜症」が増えている!そうで~~す。

今、増えている子宮内膜症とは?「子宮内膜症」という病名から、「子宮の内膜」の病気だと思いますよね。でも、この病気は、子宮(内膜)の病気ではありません。子宮内(子宮筋層、卵巣)にもできますが、腹壁や胃腸、肺(穴が開く)、上肢、肝臓、腎臓など、「全身」にできます。

生理のある女性に起こる現象だそうですが、月経時に(子宮内膜が含まれた)月経血は卵巣管を逆流もします。そして、あふれた(子宮内膜が含まれた)月経血は全身を回ります。全身に広がった子宮内膜は、体の持つ免疫機構により、正常では排除されます。しかし、何らかの原因で体内に残った子宮内膜が、体内でいろんな異変を起こすそうです。

甘く見ていませんか?生理痛が起こるのは、当たり前よね?」とか、「この痛み、月の内、数日ガマンすれば大丈夫・・・?」などと痛みを甘く見ていませんか、他の人も同じだろうし改めて話すことでもないし・・・など遠ざけていませんか?放置していませんか?

病院に行きたいけど・・・

・内診が恥ずかしい?
・根本的な治療法が無さそう?
・卵巣や子宮を取ればと言われそうでこわい?
・不妊と関係がありそうでこわい?
・手術がこわい?
・薬の副作用がこわい?

などという理由から病院から遠ざかってしまう?

子宮内膜症チェック1つでも当てはまる場合には、産婦人科を受診してみてください。

□最近、生理痛がひどくなってきた
□鎮痛剤を飲んでも効かなくなってきた
□鎮痛剤の飲む量が増えてきた
□生理以外のときにも下腹部に鈍痛がある
□排便や性交痛がある

※症状がまったく出ない場合でも、可能性があるので定期的に健診をしてください。

子宮内膜症の治療・子宮内膜症は、閉経までは、根治が難しいものの、症状をコントロールすることができるそうです。
・比較的肉体的に負担の少ない手術が、今ではできるそうです。腹腔鏡を使った手術で、お腹に3~4か所、穴をあけて行うのもで切ることがないので負担が少なくて済みます。
・副作用が少なく長期間使える薬が、使われるようになってきています。
・薬の成分は、経口避妊薬(ピル)と同じものです。排卵を抑える作用があるので、飲んでいる間は妊娠しにくいです。妊娠を希望する際には、使用をやめる使い方になります。

子宮内膜症と不妊との関係子宮内膜症の患者の50%が、妊娠できないという報告があります。なった女性が、すべて不妊というわけではありません。子宮内膜症の治療、不妊治療を受けて、妊娠が可能となります。

子宮内膜症のがん化・子宮内膜症の場合は、一般に閉経すると症状は治まります。
・チョコレートのう胞の場合、およそ1%の割合で、がん化する可能性がありますので、閉経後も経過を観察する必要があります。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

下記の地域から来院いただいています
鳥栖市、久留米市、筑紫野市、小郡市、太宰府市、三養基郡、筑後市ほか

連絡先 お問合せフォーム