中医学では

子宮内膜症この子宮内膜症は、治りにくい病気なので、早期発見・早期治療が大切ですね。進行しますと卵巣が癒着を起こしたり、チョコレートのう胞になったりしますので、少しでも早い根本的な改善が望まれます。一般に「月経痛」を伴います。

・漢方では、血のめぐりが悪くなっている証と考えます。
・血のめぐりが悪いと、月経血の排泄がうまくいかず「卵胞発育期」「黄体期」にも悪影響を及ぼすことがあります。
・月経痛の中でも、痛みが段々と強くなり、肛門まで響くようなひどい月経痛や腰痛や月経の前後に下腹部が重苦しく、便意をもよおすような違和感があったり、性交痛、などの症状がある場合には、子宮内膜症の可能性が高いと考えます。
・子宮内膜症による「オ血」があると、月経血にレバーのような"塊"が混ざったりするようになります。
基礎体温も、月経期に入っても、なかなか体温が下がらなかったり、月経期の体温が不安定になったりする特徴が現れます。
・漢方では、昔から『離経の血は、オ血となる』という考え方をします。経脈(血の通り道)外にあふれ出た血(離経の血)は、血のめぐりを滞らせる原因になると考えます。「子宮内膜症」は、まさに、この「離経の血」が増えた状態です。
陰陽のバランスという面からみると、子宮内膜が子宮以外の組織、または、子宮の筋肉の中に発生し、育ってしまうのは、余分な「陰」が成長しているためとみます。この余分な陰の成長を止めるため、陰を動かす力である「陽」を高める方法を取ります。

実際、子宮内膜症を患っている人の場合、陽の力が足りないため(陽虚)冷えを感じたり、余分なものを体 外に排泄する力がない人も多く、そのために、さらにオ血が悪化する、という状態になっていることも多いです。

周期療法を用いる際には、まず、陽の時期である黄体期に「陽」を高める漢方薬を用い(温陽)月経期には、十分に「活血」することが基本となります(温陽活血)「周期療法」は、不妊の対処法 だけではなく、「子宮内膜症の改善・治療」 その他の婦人疾患にも活用できるのが、大きなメリットです。この周期療法によって、陰陽のバランスが整い、妊娠することができれば、子宮内膜症の根本治療にもつながり、大いに期待が持てますね。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

下記の地域から来院いただいています
鳥栖市、久留米市、筑紫野市、小郡市、太宰府市、三養基郡、筑後市ほか

連絡先 お問合せフォーム