「着床しにくい」・・・

着床しにくい ≒ 着床障害

着床障害漢方では、「着床障害」は血虚オ血が関係していると考えます。しかし、着床のメカニズムは、まだ「妊娠のブラックボックス」状態だそうです。「卵」と「子宮内膜」の関係を、「種」と「土壌」の関係に例えると、着床障害は「種が良いのに、種をまく土壌が良くないため、芽が出ない」状態といえます。子宮が冷えたり子宮内膜が薄かったり、また、厚すぎて硬いと着床が難しくなるのは、わかりますよね。

子宮内膜に着床しないのは、

1.血のめぐりが悪い「オ血」 
2.妊娠に不可欠な血不足の「血虚」 
3.陰と陽のうちの陽の機能低下の「陽虚

などが関係していると考えます。

治療としては、「オ血」があれば「冠元顆粒・冠源活血丸」「桂枝茯苓丸」などを月経中心に用います。「陽虚」には、腎陽の漢方薬を、「血虚」には、血を補う漢方薬を用います。子宮内を温め、内膜を柔らかく保てるようにする養血温陽を行います。周期療法では、着床だけを診るのではなく、周期全体を診、全体を調節していきます。

漢方の効能効果は、

1つは、内分泌(ホルモン)の乱れ
1つは、自律神経(ストレスなど心、精神的な問題)の乱れ
1つは、免疫系の乱れ

を改善すると考えられています。 あなたに質問です。
「あなたは、着床しやすい体質ですか?」

着床とは、タイミングよく卵子と精子が融合した受精卵は、細胞分裂を繰り返しながら発育し、およそ48時間かけて子宮に到達します。そして既に受け入れ態勢を整えていた子宮内膜に取り付き、徐々に母胎と結びつきます。この着床は、排卵から10日前後で完了します。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

下記の地域から来院いただいています
鳥栖市、久留米市、筑紫野市、小郡市、太宰府市、三養基郡、筑後市ほか

連絡先 お問合せフォーム