早期閉経(早発性卵巣機能不全)

早発閉経(早発卵巣不全、POF : Premature Ovarian Failure )とは、40歳未満の早い時期に月経がなくなることを言います。早発閉経の原因として明らかなものは、1~2割程度です。聖マリアンナ医学大学病院の統計では、自然発症POFのうち、

自己抗体を保有している人 50%
自己免疫の人 20%
染色体異常の人 15%
遺伝子異常の人 3%
医原性を原因とする人 3%

(医原性原因:卵巣の手術や化学療法・放射線治療を受けたことによる発症)

また、甲状腺や副腎の病気がある方に多い傾向を示しています。早期閉経を招く卵巣機能不全の初期症状に、月経不順があります。月経不順が気になったら早めの産婦人科受診をお勧めします。

治療

早期閉経は、赤ちゃんを授かることは非常に難しいと言われています。また、妊娠を希望しなくても、治療(女性ホルモン服用の)は、少なくとも平均的な閉経年齢(50歳前後)までは、続けてください。なぜなら、月経がない(無月経)ということは、女性ホルモンが出ていない状態が続いているということで、それに伴って骨粗鬆症、心筋梗塞、脳梗塞といった病気が増加することがわかっているからです。 女性ホルモンを服用することに抵抗をお持ちの方も多くいらっしゃいます。

しかし、女性ホルモンを投与することで、本来分泌されるべき女性ホルモンが補充されて正常な女性ホルモンレベルとなり、同世代の女性と同じように、女性ホルモンが骨粗鬆症、心筋梗塞、脳梗塞などの病気から体を守ってくれるのです。

現在、聖マリアンナ医学大学病院は、混雑しています。今後は、現在通院中の病院で早発卵巣不全と診断された紹介状のある患者さんのみの予約制となります。詳しくは、聖マリアンナ医科大学病院地域医療連携室にお問合せください。FAX:044-975-0608

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

下記の地域から来院いただいています
鳥栖市、久留米市、筑紫野市、小郡市、太宰府市、三養基郡、筑後市ほか

連絡先 お問合せフォーム