無精子症と精子無力症

男性不妊の場合では、「無精子症」といって、精液の見た目は普通ですが顕微鏡で観察すると精子が全くいないものです。染色体に異常があって生まれつき睾丸が精子を作っていない場合もあります。他に市販の胃薬を男性が常用することで、プロラクチンというホルモンが高値となり、精子の運動率が低下する「精子無力症」もあります。

子供がなかなかできない場合、恥ずかしがらずに奥さんばかりに責任をおしつけず、男性も一度精液検査を受けられることが男性不妊治療には重要です。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

下記の地域から来院いただいています
鳥栖市、久留米市、筑紫野市、小郡市、太宰府市、三養基郡、筑後市ほか

連絡先 お問合せフォーム