排卵誘発剤の連用

排卵誘発剤(クロミッド、セロファン、フェミロン、オリフェンなど)を連用すると、月経量が減少することがあります。また、子宮内膜が薄くなったり着床しづらくなったりもしますので連用には、ご注意ください。そういう時には、「卵胞発育期」を中心に、体に不足するものを補う必要があります。中医学では、「オ血」や「血虚」を考えます。まず、月経期に血のめぐりを良くする漢方薬を用います。

卵胞期(子宮内膜が増殖する)には、卵胞を成長させ、エストロゲン(子宮内膜を厚くするホルモン)の働きを促すために、陰(体の潤い)や血を補う「婦宝当帰膠」「胎盤エキス」などを用います。その他、排卵期や黄体期にも必要に応じて漢方薬を用います。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

下記の地域から来院いただいています
鳥栖市、久留米市、筑紫野市、小郡市、太宰府市、三養基郡、筑後市ほか

連絡先 お問合せフォーム