鍼灸治療のご紹介

こちらでは鍼灸の不妊治療について紹介いたします。

「不妊症」とは、正常な夫婦生活があっても、2年以内に妊娠しない場合をいいます。これは、通常90%以上が2年以内に妊娠するという事実に基づいています。

鍼灸治療【平成13年12月28日の中日新聞】現在の不妊の原因は、女性だけではありません。男性の割合も4割程と高くなっています。当治療院が考える不妊症の治療は、妊娠ができる「体づくり」と考えます。鍼灸の施術は、不妊体質を改善し、妊娠しやすい「体づくり」をお手伝いします。

上記の記事を要約すると、結婚5年、不妊専門医療機関で2年治療しても妊娠しない、難治性不妊症患者を対象に鍼灸治療が行われました。

子宮内膜が薄いことが原因で、体外受精など高度な生殖医療(妊娠率20~30%)を3回以上受けても妊娠できない、西洋医学での治療が困難とされた患者57人(平均年齢34.7歳)を対象に治療を行い、鍼灸治療を半年以上続けたところ、31人の内膜が厚さ6mm以上と大きくなり、妊娠への一定基準に改善されてその内14人(平均年齢33.7歳)は妊娠することができたという報告がなされています。これは、鍼灸治療により子宮内の血流が活性化された結果、子宮内膜が改善されたと考えられます。

また、健康上、問題がないけれども肩こり、頭痛などの不定愁訴などを訴える24人(平均年齢35.2歳)に対して施術を行い、不定愁訴の症状が改善されたことで7人(平均年齢36.1歳)が妊娠したということです。

鍼灸で、妊娠できる「体づくり」をしましょう。

お気軽にお問合せください!

お問合せ・ご相談

下記の地域から来院いただいています
鳥栖市、久留米市、筑紫野市、小郡市、太宰府市、三養基郡、筑後市ほか

連絡先 お問合せフォーム